伊豆大島・まっしろなブログ

伊豆大島に本社をつくり、地域おこしの会社をやっています。ぜひ伊豆大島へ!

女性の方が男性よりニーズに敏感!?

「絞れる」ペットボトル

以前、水について、”「時間を飲む」という発想”の中で触れたことがあって、内容を簡単にまとめると

・『クリスタルガイザー』のCMの中で「時間を飲む」というキャッチコピーが使われていて、なかなかうまいなぁ~と思った。
・水という、一見どこのものも変わらない見た目だからこそ、コピーライティングやストーリテリングの力(マーケティング)が試される

ってな感じで、ちょうどそこに25日の日経新聞の一面、こんな記事が載っていました。

生み出すのは私 心つかむ極意、日常に

というもの。この記事の前半の内容は、ご存知『いろはす』の、ぞうきんのように絞れるペットボトルのアイデアを生み出した日本コカ・コーラ社の小林麻美さんのお話になっています。

小林麻美さんは35歳、結婚を機に退社されたものの、もう一度マーケティングに携わりたいと、上司にかけあって再入社。

ミネラルウオーターは味の評価は高いものの知名度が上がらない。悩んだ末にたどり着いたのが「飲んだ後」に着眼する発想の転換だった。従来より4割軽いボトルは女性の力でもぞうきんのように絞れ体積が半分になる。「環境だけで売れるのか」。社内に懸念もあったが「意識は変わっている」と力説。ボトルを絞るCMを面白がった若者たちが火を付けた。

小林さんがすごいのか、それともコカ・コーラ社が発想豊かなものを生み出せる土壌にあるのかは分かりませんが、どちらにせよコカ・コーラ社が打ち出すアイデアにはいつも驚かされます。もちろんそれをニュースに乗せてムーブメントにする力(関係)はなおさらです。特にコカ・コーラ社の回し者というわけではないのですが、『スプラッシュ自販機のマーケティング力に脱帽。。』の中でこちらもコカ・コーラ社の『スプライト』について書いたことがあって、「うん、やっぱりさすがだな」と思わされたりしていました。

女性と消費者のニーズ

先ほどの日経新聞の記事の中には、さらにこんな言葉もあります。

ニッセイ基礎研究所研究員の久我尚子は「女性の方が日常生活に密着し、細かい潜在的なニーズに気付きやすい」と指摘する。

ということで、それを裏付けるように日経新聞では「電子版連動記事」と称して『新たな価値生み出す 女性が開発「ヒット商品10選」 』で、女性の活躍によって生まれた人気商品を10個取り上げています。下の写真の10品です。

f:id:tom-w:20130626220328j:plain

「キリンフリー」やナビットの「のりかえ便利マップ」などはテレビでも女性が開発したものとして多く取り上げられていた(僕がたまたまその時にテレビを見ていただけ…!)なので、知っている方も多いかもしれません。

これらを「確かに女性の方が消費者のニーズに敏感かもなー」と捉えるか、「いやいや、そんなの後付の理由に過ぎないし、男性が開発したヒット商品の方がはるかに多くない?」と感じるかは人それぞれです。ただ、これまでの多くの企業のように、消費者をあまり見ずに、自社の利益だけを追及して「数字!性能!(何万画素、とか)」と突き進むのではあまり多くは得られない時代になっていることには間違いなさそうです。


言われてみれば当たり前なのかもしれませんが、今のマーケティングには「何かの用(ニーズ)を満たす」製品が成功する、という、これでもそれなりに新しい考え方があって、それは、掃除機であればゴミを吸い取る能力であって、カゴメの野菜ジュースであれば、「これ一本で一日分の野菜が摂れる」であったり。


でも、例えばデジカメ業界であれば、もう消費者はキレイな写真が撮れることに満足して、最低限の機能を最低限の値段でしか求めなくなったのに、企業の方はそのニーズを見ずに、「とにかく画像をさらにキレイに!」と、開発競争に走って大失敗したわけです。
写真の10個のサービスでも、数字上の性能を打ち出しているのは「プロテカ ラグーナライト」が当てはまるか当てはまらないかというくらいで、他の9個は数字の上では現れていない新たなニーズを商品化したものですね。

これも「後付けの理由」と見るかどうか…それは今後のヒット商品に期待!といった感じです!

6月について

前回の記事が6月15日だったので、ブログを書くのは12日ぶりになります。これからは、僕のブログは更新頻度が少ないということを売りにしていこうか…って感じです…汗。毎日、生きていくのに精一杯で、なかなかブログを書くところまで余裕がないというのが正直なところです。ってなことで、6月もこれで最後の記事!
あれなんですよ、もう。25日なんか、高校の同級生が今年大学を卒業して新卒で会社に入ったので、その子の初めてのボーナスで夕食をおごってもらうという、プライドのかけらもない感じだったんです。。ありがたや…!!そして自分が情けない(T_T)


で、何が言いたいかというと、僕が大好きなICHIROYAのブログというはてなブログがあってですね、この方、なんと毎日記事を書き続けて500日!先日500記事に到達したんです!
何がすごいかって、毎日記事を書き続けるのももちろんなのですが、1記事1記事のクオリティーの高さ!!それに引きかえ今日の僕のあり合わせで作った記事のレベルの低さ。。これを、お仕事前に書かれちゃったりするもんですから……もう、本当に尊敬の一言です。僕もこんないい記事を書けるブロガーにいつかなってみたいなぁ~と!