読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆大島・まっしろなブログ

伊豆大島に本社をつくり、地域おこしの会社をやっています。ぜひ伊豆大島へ!

伊豆大島はツアーがたくさん!日帰りツアーも紹介!

伊豆大島 伊豆大島-観光

フェリー会社主催の伊豆大島ツアー一覧

「東海汽船」という海運会社がいくつかの伊豆大島ツアーを主催しています。

※2016年6月現在の情報です。

<スマホ依存脱却!! 離島でデジタルデトックス 伊豆大島 裏砂漠を歩く 2日間>

f:id:tom-w:20140502150710j:plain


「スマホなど電波を発する機器は電源を切って参加」というユニークなツアー。東京竹芝発着です。

大人:24,000円、子ども:16,000円。

<【東京発着】地元ガイドがご案内!!日本唯一の砂漠で星空ナイト>

f:id:tom-w:20160609173330j:plain


日本でただ1箇所の砂漠「裏砂漠」で満点の星空を楽しめるツアーです。東京竹芝を昼過ぎに出発し、翌日のお昼ごろに帰ってこられます。

大人:23,300円、子ども:16,300円。

<【現地ガイド付】暑さよ、さらば!自然を感じて風になる?三原山をマウンテンバイクで駆け降りるツアー>

f:id:tom-w:20140502112417j:plain


東京竹芝を金曜夜23時発なので仕事帰りにも参加可能。行きは大型客船でゆったり、帰りは高速ジェット船なので早いです。サイクリングは山登りがしんどいところはありますが、途中にある、写真の地層断面図は一見の価値ありです。

大人:22,200円、子ども:18,800円。

日帰りツアーも充実

上記で紹介した「東海汽船」は日帰りツアーも充実!仕事が忙しくてなかなか連休が取れない!というような人でも参加しやすいですね。

<【ジオポート伊東】 完成記念 大島日帰りツアー>


静岡県の伊東港発着の日帰りツアーです。大人:6,000円、子ども:5,100円とリーズナブルな価格が魅力!ホテルからの絶景や温泉、自然公園などが楽しめる盛りだくさんの内容です。

<千葉発!! ?高速チャータージェット船で行く?伊豆大島あじさいショートウォークと絶景露天風呂>


千葉港発着の日帰りツアーです。大人:14,800円、子ども:11,800円。ランチや露天風呂の入湯料も代金に含まれているのでとってもお得ですよ。

<【熱海発着】気軽に伊豆大島 日帰りサイクリング 島のおやつを探しに行こう>

f:id:tom-w:20140502113937j:plain


静岡県の熱海港発着のツアーです。島内各所を目的別にサイクリングでまわるツアーなのでアクティブな人にぴったりです。大人:10,500円、子ども:8,000円。

夏にはダイビングのツアーも!

f:id:tom-w:20120511102925j:plain

夏にはダイビングツアーも楽しめる伊豆大島。往復高速ジェット船利用で土日の1泊2日で行けるツアーや船中1泊でフリータイム付き、のんびり過ごせるツアーなどタイプも様々です。

ダイビングの内容も、ライセンス所持者のための「ファンダイビング」はもちろんのこと、ライセンス不要で初心者でもOKの「体験ダイビング」や深く潜らない「シュノーケルダイビング」などもあります。

他にライセンス取得のための「Cカード講習」や「ステップアップ講習」などもあり、目的に合わせて選ぶことができるのが嬉しいですね。

ジオロゲイニング

f:id:tom-w:20160609173637j:plain

「ロゲイニング」とは、山野に多数設置されたチェックポイントを制限時間内にできるだけ多く回るスポーツのこと。オリエンテーリングと似ていますが、チェックポイントが多いことや回る順番が自由であることが特徴です。

地球の活動を目のあたりにできる自然の公園「伊豆大島ジオパーク」では、秋にロゲイニング大会が開催されています。たくさんのチェックポイントを自分の足で歩いてまわれば、雄大で活動的な、伊豆大島の自然を体感できることまちがいなし!有意義な1日が過ごせそうですね。

季節ごとの服装のアドバイス

伊豆大島は海洋性気候なので、都心あたりと比べると冬は暖かく夏は涼しいのが特徴です。とはいえ、四季はあるためそれぞれの季節にあった服装を準備していきましょう。

1月~2月はコートやマフラー・手袋が必要です。

こんなに雪が降ることも!

f:id:tom-w:20160616083254j:image

3月はだんだんと暖かくなる季節ですが、まだコートやマフラーを持っていった方が安心でしょう。

4月になると昼間は暖かいですが、夕方~明け方は冷え込むのでセーターやカーディガン、ジャケットなどの羽織ものを持って行きましょう。

5月は長袖シャツ1枚でOK!念のため薄手の羽織ものがあると安心です。

6月は大分暑くなってきます。半袖シャツに薄手で長袖の羽織ものがベストです。

7~8月は夏真っ盛りなので半袖で大丈夫です。

9月はまだまだ暑い時期なので半袖でOKですが、下旬は気温次第で長袖の方がいいかもしれません。

10月はだんだん涼しくなってくる時期なので長袖シャツがいいでしょう。薄手の羽織ものもあった方がいいですね。

11月は大分涼しくなるのでセーターやジャケットが必要です。気温次第ではコートを着ていった方がいいでしょう。

12月は寒くなってくる時期です。コート、マフラー、手袋が必要です。

島ガールって知ってる?

「島ガール」とは伊豆七島(大島、利島、新島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島)の魅力を存分に楽しんでいるアクティブな女子たちのこと。美味しいご飯や豊かな自然、アクティビティに温泉など楽しみ方は人それぞれですが、最近では伊豆七島大好きな女子がたくさんいるんです。

そんな島ガールを応援するサイト「島ガール.com」では、女子にオススメのツアー情報や伊豆七島の楽しみ方、ロケーションガイドなど役立つ情報が満載!島ガールデビューにもオススメのサイトですよ。

島コンも!

伊豆大島では島コン(旅行型街コン)もやってます!東海汽船&オリオンツアー&街コンジャパン共同企画で20~30代の未婚の男女限定のイベントです。大島ふるさと体験やプチフォトロゲイニングで伊豆大島の魅力を満喫しながら異性との出会いも期待できてしまうなんて、婚活中かつ旅行が大好きな男女にとってはもってこいですね。

伊豆大島に興味のあるもの同士なら話も弾みやすいし、大宴会やフリータイムなど街コンならではの企画もたっぷりで素敵な出会いが期待できそうです。行きは高速ジェット船でスムーズに、帰りは大型客船でロマンチックな船旅をゆっくり楽しめるのも魅力の一つです。

伊豆大島のツアー会社一覧

f:id:tom-w:20140501050535j:plain

<東海汽船>


伊豆大島をはじめとする伊豆諸島行きの船を運行している会社なのでツアーも豊富に取り扱っています。

<オリオンツアー>


旅行商品の企画・販売を行う会社。国内旅行を幅広く取り扱っています。24時間オンライン予約が可能です。

<トラベルロード>


伊豆七島や小笠原、佐渡などの離島ツアーに強い旅行会社。飛行機利用のツアーも取り扱っています。

<アバンティリゾートクラブ>


リーズナブルな価格設定が魅力です。伊豆大島ツアーは基本的にはフリープランの物が多いですが、オプションも豊富で好みのオリジナルプランを作ることができますよ。