読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆大島・まっしろなブログ

伊豆大島に本社をつくり、地域おこしの会社をやっています。ぜひ伊豆大島へ!

伊豆大島を2泊3日で観光したい!

伊豆大島 伊豆大島-観光

伊豆大島を2泊3日で観光するプランを紹介!

東京から高速ジェット船でわずか2時間でいける南の島、伊豆大島は見どころいっぱいの魅力的なスポットです。そんな伊豆大島の観光名所やおいしいグルメを、2泊3日でガッツリ楽しむプランを紹介します。今回は元町港を拠点にしてみました。

【1日目】

f:id:tom-w:20140820143137j:plain

朝一番の高速ジェット船に乗れば、朝10時頃島に着くことができます。高速ジェット船は基本的に元町港に入港するので、元町港から旅のスタート!今日は1日車で移動するのでまずはレンタカーを借りましょう。ドライブしながら観光スポット&グルメを堪能しましょう。
 
<10:30>

元町港を出発!伊豆大島一周道路を、反時計回りにまわります。しばらく南下すると地層大切断面があります。別名「バームクーヘン」とも呼ばれる見事な縞模様は必見ですよ。

f:id:tom-w:20140502112417j:plain

<11:30>
波浮港に到着。ランチは地元ならではのネタがいただける「港鮨」がオススメです。食事が終わったら波浮港周辺の情緒あふれる町並みを散策。見晴台から絶景を眺めたり、島京梵天のたい焼きや鵜飼商店のコロッケを食べたりして楽しみましょう。14時頃波浮港を出発します。

f:id:tom-w:20140820133021j:plain

<14:30>
途中で筆島を見学しつつ車で北上し、大島公園へ向かいます。ここでの見どころはなんといっても動物園!火山島ならではのダイナミックな地形を活かした動物園が、なんと入場料無料で楽しめてしまうんです。国内最大級の広さを誇るフライングゲージや、可愛い動物とのふれあいなど、無料とは思えないほど見応えがある動物園なんです。時間に余裕があれば椿資料館観光も併せてどうぞ。

f:id:tom-w:20160605153550j:plain

<夕方>
元町港から徒歩5分の場所にある「浜の湯」で入浴。伊豆大島で唯一の混浴露天風呂なので、水着が必要ですが、無料レンタルも可能です。海を間近に眺めることができる絶景露天で、特にサンセット時は美しい夕焼け景色を楽しむことができます。

f:id:tom-w:20160629025143j:plain

<夜>
元町港周辺で夜ご飯。オススメは元町港から車で5分の場所にある「雑魚や 紀洋丸」。島のイベントである「C級グルメ選手権」で連覇したこともある名店で、べっこう丼やあしたばチャーハン、地魚のたたき揚げなどの大島グルメが楽しめます。

伊豆大島を全力で楽しむならレンタカーが必要!

【2日目】

2日目はたっぷり1日かけて、三原山観光を楽しみましょう!

<9:00>

元町港から路線バスに乗って三原山頂口へ向かいます。できればバスに乗る前に、山頂で食べるようにお弁当を購入するといいでしょう。大島名物べっこうずしのお弁当「島島弁当」がオススメです。バスに揺られて約30分、山頂口に到着です。

山頂口からは山頂遊歩道を歩いて内輪山を目指します。山を登るとは言っても、山頂までしっかり舗装された道なので歩きやすく、大人の足であれば45分程度で山頂まで登ることができますよ。

f:id:tom-w:20160628113807j:plain

<10:30>
三原山の魅力を存分に楽しみたい方は、そのままお鉢巡りに進むのがオススメです。迫力ある噴火口を目の当たりにしながら約45分かけてぐるりと1周歩きます。

<11:30>
お鉢巡りが終わったら、朝に購入しておいたお弁当でお昼ごはんにしましょう。

<12:00>
腹ごしらえが済んだら山を降りましょう。下山コースはいくつかありますが、1986年噴火時の溶岩流を見ながら大島温泉ホテルに向かうコースがオススメです。

<13:00>

1時間ほど歩いてホテルに到着したら、温泉で汗を流してリフレッシュ!宿泊しなくても日帰り入浴が可能です。アジサイの季節である6月ごろに訪れるのであれば、ホテル近くの「あじさいロード」ちなみに大島温泉ホテル(三原山温泉バス停)から元町港へ向かう最終バスの時間は15時台なので、乗り遅れないように注意してくださいね。

f:id:tom-w:20160531182004j:plain

 

<夕方~夜>
裏砂漠の星空ツアーに参加。日本で唯一「砂漠」と名のつく場所で、見渡す限り黒い砂の景色が広がる様は日本にいることを忘れてしまいそうなほど異国情緒たっぷりです。そんな裏砂漠からは、360°遮るもののない満点の星空を眺めることができるのです。

伊豆大島の観光バスを徹底紹介!

【3日目】

レンタサイクルでサイクリング!

<8:00>
レンタサイクル店で自転車を借りましょう。元町港近くには「レンタサイクルらんぶる」と「丸久レンタサイクル」の2軒のレンタサイクル店があります。

料金目安は1日レンタルでマウンテンバイク:2000円、普通車(シティサイクル):1500円です。

ちなみに4時間レンタルでもほとんど料金は変わらないため、1日でレンタルしてしまった方がいいでしょう。自転車を借りたら、サイクリングスタート!サンセットパームラインを北上します。

<8:30>
島の北端である野田浜へ向かうサンセットパームラインは海沿いの道なので、左手に大海原の絶景を眺めながら気持ちの良いサイクリングを楽しむことができます。30分ほどで野田浜に到着です。

<9:00>
野田浜で休憩。のんびり景色を眺めるのもいいですし、岩場で水遊びを楽しんでもいいでしょう。

<10:00>
野田浜から、今度は大島空港方面に向かいます。大島空港近くの「ぶらっとハウス」は、地元の新鮮な野菜や果物が並ぶ直売所。オススメは、隣接する牧場の新鮮な大島牛乳の生乳を100%使用したアイスクリームです。島の採れたて野菜&果物を使ったフレーバーが常時10種類ほど並ぶので、どれを選ぶか迷ってしまいますね。ぶらっとハウスでは、定期的にイベントも開催されています。

<11:00>
サイクリングで汗をかいたので、元町港からほど近い場所にある「愛らんどセンター御神火温泉」で入浴。打たせ湯やジャグジーもあり、リフレッシュにはピッタリですよ。

f:id:tom-w:20160615014340j:plain

<12:00>
元町港に戻り、お昼ごはん。元町港の目の前にある「南島館」はアットホームな雰囲気が魅力の食事処。地魚のお刺身やはんばのりチャーハンなど大島ならではのグルメをいただくことができるお店です。

<13:00>
元町港周辺を散策。例えば、椿油を絞っている「高田製油所」で工場見学なんてどうでしょう?他には、港からは少し離れてしまいますが、「伊豆大島火山博物館」もオススメです。

f:id:tom-w:20160531182417j:plain

<15:00>
元町港(岡田港)周辺や待合所売店でお土産選び。谷口酒造の本格焼酎「御神火」や銘菓「牛乳煎餅」、ふわとろ食感がたまらない「大島牛乳プリン」などを、待合所の売店で購入することができます。

伊豆大島のサイクリングのレンタル情報からおすすめルートまで紹介!

【お手軽なフリーツアーもオススメ!】

2泊3日のフリーツアーは、往復の船と宿泊がセットで安いものだと18900円~で行くことができます!完全フリーで自分でプランを組み立てるもよし、オプショナルを付けるもよし。自分で船&宿を手配するのと比べて気軽に旅することができますよ。

伊豆大島はツアーがたくさん!日帰りツアーも紹介!