伊豆大島・まっしろなブログ

伊豆大島に本社をつくり、地域おこしの会社をやっています。ぜひ伊豆大島へ!

伊豆大島の温泉でゆっくりしたい!

離島の温泉でゆっくりしたい方は伊豆大島へGO!

伊豆大島では、三原山登山や大島一周サイクリングなどアクティブに楽しむのもいいですが、温泉でゆったりまったりするのも素敵です。

 

今回は、大島の魅力たっぷりな温泉について紹介したいと思います。

 

三原山温泉

f:id:tom-w:20160531182004j:plain

 

三原山温泉は、三原山7合目に位置する「大島温泉ホテル」にあります。地下300mから湧き出る高温で無色透明の単純温泉。湯量が豊富で大浴場もお風呂付きの部屋も源泉かけ流しです。

 

効能は、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・慢性消化器病・冷え性・疲労回復・健康増進など。

 

日帰り入浴もできるので、三原山登山の帰りに立ち寄って疲れを癒やすのにもピッタリなんです。

 

ホテル周辺には様々なハイキングコースが整備されているので、散策と温泉の組み合わせも良さそうですね。


三原山温泉の魅力は泉質の良さもありますが、何と言ってもその雄大な眺めです。

 

男湯・女湯ともに露天風呂からは原生林越しに雄大な三原山が望めます。他にも溶岩流や裏砂漠といった、伊豆大島ならではの景色も見られまさに絶景。遮るもののないその景色を眺めながら、贅沢な気分で温泉が楽しめますよ。


三原山温泉のもう一つの魅力は料理です。大島温泉ホテルでは、様々な伊豆大島名物をいただくことができるんです。

 

f:id:tom-w:20120331165522j:plain

 

大島近海で白身魚のお刺身をピリ辛の青唐辛子醤油に漬け込んだ、大島名物べっこうを使った「べっこう寿司」や、これまた大島近海で水揚げされた「金目鯛のしゃぶしゃぶ」など、海鮮好きにはたまらない絶品料理が楽しめます。

 

また、大島温泉ホテルの名物と言われるのが「椿フォンデュ」。これはいわゆるオイルフォンデュなのですが、大島特産の椿油で揚げるのです。具材はエビやしいたけの他、これまた大島特産の明日葉もあります。

 

椿油は美容にも効果的で、揚げ物ながら意外にあっさりと食べられるので女性にもオススメですよ。自分で揚げるのも楽しいですね。


【基本情報】

住所:〒100-0103 大島町泉津木積場3-5

電話番号:04992-2-1673

アクセス:大島元町港・岡田港から三原山頂上行きバス乗車、三原山温泉バス停下車すぐ

営業時間(入浴可能時間): 宿泊の場合 15:00~24:00 翌5:00~9:00
    日帰りの場合 6:00~9:00 13:00~21:00

定休日: 不定休

料金(日帰り入浴):大人800円 小人400円

 

事前に連絡すれば、入港地からホテルまでの無料送迎バスも用意してもらえます。

椿油の使い方から作り方まで徹底紹介!

 

愛らんどセンター 御神火温泉

f:id:tom-w:20160615014340j:plain

長根浜公園に隣接している立ち寄り温浴施設。元町港から近く、更に大型客船の夜行便が到着する日は早朝から営業しているので、夜通し船に乗って疲れた身体を温泉で癒せるのが嬉しいですね。

 

大型客船が運行している日には、岡田港から元町港行きのバスに乗ると、終点の元町港を通り越して、この御神火温泉までバスを進めてもらえます。

早朝は、トースト、ゆで卵とコーヒーの500円セットも販売されており、食事スペースや畳の休憩スペースで食事をすることもできます。

 

泉質はナトリウム・カルシウム一塩化物温泉で、効能は神経痛・筋肉痛・運動麻痺・関節のこばわり・打ち身・冷え性・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性婦人病など。

 

露天風呂は残念ながらありませんが、男女別の大浴場にはジャグジー・打たせ湯・サウナがあり、更には温泉プールの設備もあります。

 

水着・スイミングキャップ・バスタオルのレンタル・販売もやっているので手ぶらで行ってもOK!

 

ゆったりくつろげる50畳の休憩広間や、メニュー豊富なレストランもあるのでのんびり過ごせますよ。お風呂あがりには名物の大島牛乳がオススメです!

 

また、休憩所の脇には昔の大島に関する冊子なども置いています。大島牛乳を飲みながら、昔の大島に想いを馳せてみてはいかがでしょう。


【基本情報】

住所:〒100-0101 大島町元町字仲の原1-8

電話番号:04992-2-0909

アクセス:元町港から徒歩約5分

営業時間:夜行分が到着する日  6:30~21:00(7/26~8/31は5:30~21:00)
     夜行便が到着しない日 9:00~21:00

定休日:第2木・金曜日(2・3・8月は変則)

料金:大人700円  小人(小中学生)300円

レンタル料金:水着 大人300円 子供200円 スイミングキャップ100円 バスタオル200円

浜の湯

f:id:tom-w:20160629025143j:plain

公共の温泉露天風呂で、伊豆大島唯一の混浴です(もちろん水着着用です!)。元町港からすぐ近くの、長根浜公園内にあります。

 

泉質はナトリウム―塩化物温泉(低張性中性高温泉)と御神火温泉とほぼ同じ。ですので効能もほぼ変わりません。

 

少し熱めのお湯が気持ち良いです。


浜の湯の一番の魅力は景観の良さでしょう。目の前には壮大な海が広がり、遠く伊豆半島を望みます。晴れた日には富士山も見ることができるのだとか。更にバックには雄大な三原山がそびえ立ちます。

 

昼間も気持ち良いですが、夕刻・日没間際になると夕日が空と海原を茜色に染めあげて、えも言われぬ美しさ。


内湯はありませんが、男女別の更衣室とシャワー完備です。水着は無料でレンタルできるので、フラリと立ち寄っても大丈夫!

 

大海原を眺めながら、ゆったりとした時間を楽しんでくださいね。

 

大島に住まれている方も多く訪れる場所なので、ここでいろいろな方とコミュニケーションを取るのも良いでしょう!


【基本情報】

住所:〒100-0101 大島町元町字トンチ畑882

電話番号:04992-2-2870(大島町観光課)

アクセス:元町港から徒歩約4分

営業時間:13:00~19:00(7月・8月は11:00~19:00)

定休日:年中無休

※天候により休業・時間短縮あり

料金:大人300円 小人(小中学生)150円

 

湯の宿 くるみや

f:id:tom-w:20160712222342j:plain

大きなやしの木が立ち並ぶエントランスが南国ムードを醸し出す「湯の宿 くるみや」。旅館ですが、温泉の立ち寄り利用も可能です。

 

内風呂は100%源泉かけ流し。三原山噴火の際に井戸水が温泉になったものと言われており、「三原山の神がくれた湯」とも呼ばれています。

 

泉質はナトリウム-塩化物温泉(低張性・中性・高温泉)。効能は御神火温泉とほぼ同じです。

 

露天風呂「平成の湯」は静かな自然に囲まれたお風呂。四季折々の景色に囲まれて、野鳥や虫の声を聞きながらのんびりと楽しむのにピッタリです。周りの明かりに邪魔されず、満天の星空を眺めることができる夜風呂も素敵ですよ。

 

癒やしの時間を過ごすことができそうですね。


【基本情報】

住所:〒100-0101 大島町元町字八重の水245

電話番号:04992-2-2551

アクセス:元町港及び大島空港より車で約5分

営業時間(日帰り入浴):13時~21時(受付は20時まで)
            
料金:大人800円 小人400円

 

伊豆大島のおすすめお土産10選!