伊豆大島・まっしろなブログ

伊豆大島に本社をつくり、地域おこしの会社をやっています。ぜひ伊豆大島へ!

伊豆大島のおすすめランニングコース、イベントを紹介!

伊豆大島のおすすめランニングコース

f:id:tom-w:20160615015900p:plain

※水色のラインが伊豆大島の集会コースで、赤のラインがサンセットパームラインコースです。

<サンセットパームライン片道コース>(約5km)

愛らんどセンター 御神火温泉

f:id:tom-w:20160615014340j:plain


島の北西に位置する野田浜からスタート。サンセットパームラインは車道と並走する海沿いのサイクリングロードなので快適かつ安全に走ることができます。

ゴールは「愛らんどセンター 御神火温泉」。ジャクジーや打たせ湯、サウナ等完備でランニング後の疲れを癒やすことができますよ。広い休憩室や食事コーナーもあるので便利です。もう少し足を伸ばして「公共の温泉露天風呂 浜の湯」に行ってみてもいいかもしれません。

<サンセットパームライン一周コース>(約12.4km)

ぶらっとハウス


こちらのコースは元町港からスタートします。サンセットパームラインを北上し、野田浜で折り返し。後半は大島空港横を走ります。大島空港近くにある農産物直売所「ぶらっとハウス」は、地元の牛乳を使ったソフトクリームが食べられるのでラン途中の休憩スポットとしてもオススメですよ。

大島空港を横切り、サンセットパームラインと並走する道を南下して行き、元町港でゴールです。こちらのコースも、ラン後は「愛らんどセンター 御神火温泉」での入浴がオススメです。

<サンセットパームライン15kmコース>

岡田港汐風プロムナード

f:id:tom-w:20160615015230j:plain

こちらのコースは、途中まではサンセットパームライン一周コースと同じ道を走りますが、野田浜から岡田港へ向かいます。

折り返し地点の岡田港には様々なお店が立ち並ぶので休憩ポイントにピッタリです。岡田港船客待合所の向かいにあるお土産屋さん「一峰売店」は2階が食堂になっており、ベッコウ寿司や明日葉天ぷら定食などの大島グルメを楽しむことができます。また、1階売店内には「菓子工房ichimine」を併設しており、日替わりで4~5種類のスイーツが並びます。程よい甘さのシュークリームやケーキは、疲れた体を癒やしてくれそうですね。岡田港からは大島1周道路をひた走り、元町港でゴールです。

<大島一周コース>約43km

元町港

f:id:tom-w:20160615020801j:plain

その名の通り、大島をぐるりとめぐる大島一周道路を走るコースです。上記3つのコースと比べると距離が長く、高低差も大きいのでかなりハードだと言えるでしょう。

スタート&ゴールは元町港です。時計回りor反時計回りのどちらで走っても良いのですが、島の東側部分はアップダウンが連続する箇所であり、水や食料の補給ができるような場所もありません。ゆえに、この区間を前半に持ってくるか後半に持ってくるかでプランも変わってくるのでよく考えて決めましょう。ちなみに、反時計回りの方がよりアップダウンがきつくなるそうです。

また、山の天気は変わりやすいですし、コース中は飲料や食料を買うことができるようなお店や自動販売機も少ないため、事前にしっかり準備していきましょう。もし、途中でどうしても走れなくなってしまったらバスを利用するという方法もあるので、頭の片隅に入れておくといいかもです。

伊豆大島カメリアマラソン

f:id:tom-w:20160615013825p:plain

出典: www.mspo.jp

英語で「椿」を意味するカメリアの名がついたマラソン大会です。その名が表す通り、毎年1月下旬~3月中旬に行われる椿まつりのまっただ中である2月に開催されます。距離は10kmと5kmと比較的短いので、初心者でも気軽に参加しやすいのが魅力です。

スタートとゴールは町役場前で、大島1周道路を途中で折り返すコースなので、沿道では多くの島民が応援してくれるのも励みになります。しかも、全国的にも珍しい参加料無料の大会なんです!にもかかわらず、完走者は完走証&Tシャツが貰えるので良い記念にもなりますね。

なお、2013秋の台風で大きな被害を受けた伊豆大島の観光復興を目的としている大会でもあるので、何かしらの形で復興支援をしたい!という人は是非参加してみてはいかがでしょうか。

伊豆大島ウルトラマラソン

f:id:tom-w:20160615014019j:plain

「ウルトラマラソン」とはフルマラソンよりも長い距離を走るマラソンのこと。日本では100kmが一般的ですが、毎年3月下旬に開催される「伊豆大島ウルトラマラソン」は100kmと58kmの2種目があります。

スタート・ゴール地点は元町港船客待合所で、100kmは島をだいたいぐるっと2周、58kmは1周走ります。朝5:00にスタートし、100kmは14時間 58kmは9時間という制限タイムのこのマラソンは、アップダウンが激しく400mもの高低差がある上に裏砂漠を走るというハードなコースが特徴です。

エイドステーションが5kmごとに設置されており、ドリンクだけでなくおにぎりやそば、コロッケなどの食べ物が充実しているのでエネルギー補給をしっかり行いながら走ることができちゃいます。フルマラソンでは物足りない!という強者にオススメの大会です。

トライアスロンも

f:id:tom-w:20140331155256j:plain

伊豆大島では、毎年トライアスロンの大会も開催されています。競技距離はAタイプ:スイム1.5km・バイク40km・ラン10km、Bタイプ:スイム0.75km・バイク20km・ラン5kmの2つがあるのでレベルに合わせて選ぶことができます。

コースはサンセットパームラインをメインとしているので、景色が良く走りやすいのが嬉しいですね。また、この大会は土曜日の午後に開催されるので、金曜日の仕事が終わった後に大型客船の夜行便で伊豆大島へ向かい、大会に参加。翌日は観光を楽しんだ後、午後発の高速ジェット船で帰れば夕方には東京に帰ることができるため、土日の連休だけでも大会&観光を満喫できてしまうのです(ややハードスケジュールではありますが・・・)。

全競技終了後には大島町役場2階にて表彰パーティーも開催され、美味しい料理を楽しむことができますよ。

箱根駅伝の合宿地としても有名

毎年恒例、お正月の風物詩と言える「箱根駅伝」ですが、実は箱根駅伝の合宿は伊豆大島で行われているってご存知でしたか?毎年秋になると箱根駅伝強豪校が大島を訪れ、練習に精を出しているのです。

主なトレーニング場所は、島北東部海沿いの「サンセットパームライン」。トライアスロン大会のコースやサイクリングロードとしても知られているこの場所で、箱根駅伝の練習が行われているのです。

f:id:tom-w:20160616090531j:image

ちなみに合宿が行われている時期は、サンセットパームラインの入り口にある掲示板には「ただ今練習中です」と書かれ、その下に練習中の学校名がずらりと並びます。

伊豆大島観光大全!!