伊豆大島・まっしろなブログ

伊豆大島に本社をつくり、地域おこしの会社をやっています。ぜひ伊豆大島へ!

子連れでも楽しめる伊豆大島のおすすめ観光スポット10選

1:三原山

f:id:tom-w:20160628113807j:plain

伊豆大島のほぼ中央に位置する三原山。登頂口から山頂までは大人の足で40分程度かかりますが、火口までの道は完全舗装道のためベビーカーで頂上まで行くことが可能です。迫力満点の火口や、火口展望台近くのゴジラ岩など、親子で楽しめる見どころがたくさんありますよ。

三原山はゴジラの起源だった?噴火の危険性は?

2:伊豆大島ジオパーク

f:id:tom-w:20160628114106j:plain

ジオパークとは、地球(ジオ)に関わる様々な自然遺産を含む公園のこと。伊豆大島は火山の島であり、噴火の際に噴き上がった溶岩によりつくられてきた「大地の公園」なのです。伊豆大島ジオパークには計65のジオサイト(ジオパークを特色づける見学場所)があり、モデルコースもありますが子連れであれば興味のあるジオサイトを絞ってオリジナルコースを設定するのがオススメです。

3:伊豆大島火山博物館

f:id:tom-w:20160531182417j:plain

世界的にも珍しい、火山専門の博物館。展示物で火山について学べる他、シュミレータカプセルによる地底探検ができるので楽しみながら火山について詳しくなれます。大ホールにて見ることができる美しい自然と人々の生活の映像は迫力満点で見応えがありますよ。

館内で無料配布されている小冊子は自然散策のガイドブックにピッタリ!島内観光の前に立ち寄ることをオススメします。

開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで) 
料金   一般:500円 小中学生:250円 
定休日  年中無休(館内および映像機器保守点検の為、年10日間の臨時休館日有り) 

4:トウシキキャンプ場

f:id:tom-w:20160628114635j:plain

伊豆大島の南部、差木地にある町営のキャンプ場です。トイレ、シャワー、洗い場などの設備が揃っていながら利用料はなんと無料!

キャンプ場の目の前は遊泳場になっていて、泳ぐのはもちろんのことシュノーケリングや釣りも楽しめちゃいます。カラフルな熱帯魚やサンゴを見ることができる美しいビーチです。溶岩に囲まれたプールの様になっていて流される心配もないので小さな子供連れでも安心して遊ぶことができますよ。

利用時の注意点は、近くにお店がなにもないということ。食料品などの買い出しは元町港まで行かなくてはいけないので、しっかり準備してからキャンプ場に向かうようにしましょう。念のため、利用前に予約することをオススメします。

0499-2-1446(大島町観光課)

5:海のふるさと村

f:id:tom-w:20160717174208j:plain

ゴゼ川地区にあり、ロッジ、キャンプ場、テニスコート、プールなどが揃っている施設。キャンプ場はテント設営済みで気軽に楽しめるデッキテントと、本格的に設営から体験できるフリーテントサイトがあるので、好みで選ぶことができますよ。

また、快適に過ごしたい人には木のぬくもりを感じられるロッジがオススメです。周りは豊かな自然に囲まれており、スタジイやヒメユズリハの森で野鳥や生き物の観察や、海水浴に磯遊びなどで楽しむことができますよ。

大島ならではの体験ができる月1回開催される自然教室もオススメです。夜の満点の星空も素敵です。

夏(7月20日~8月31日)には無料で利用できるプールもあるのでたくさん遊べます。大島公園バス停-海のふるさと村間は無料送迎バスがあるので子ども連れでも楽に移動できます。

利用予約は04992-4-1137まで。

6:大島公園動物園

f:id:tom-w:20160605153550j:plain

火山島である大島の溶岩の地形をそのまま活かしたダイナミックな景観が特徴の動物園です。日本屈指の広さを誇るフライングケージではフラミンゴやクジャク、カモなどの鳥達の他、カピバラやワラビーの姿も見られます。国内最大級のサル山も見どころの一つで、バーバリーシープと仲良く日向ぼっこをするワオキツネザルの姿が可愛いです。

毎週土日には「なかよし広場」で動物とのふれあいが楽しめ、葉物に限りエサ類の持ち込みも可能です。豊かな自然の中で悠々と暮らす動物たちの姿を、のんびりゆっくり楽しんでくださいね。

開館時間 8:30~17:00
定休日  年中無休
入園料  無料

7:椿花ガーデン

f:id:tom-w:20150503172846j:plain

椿やアジサイをメインに四季折々の風景が楽しめるガーデン。総面積3,000坪もの広さを誇る芝生広場で走り回ったり寝転んだり、うさぎの森でウサギやアヒルと触れ合ったりと子どもが楽しめる施設がたくさんあります。

ゴーカートやパターゴルフを楽しむのもいいですし、シンプルな林でボーッとするのもいいですし、1日たっぷり遊べますよ。椿花ガーデン謹製の「牛乳せんべい」や「リスまんじゅう」はお土産やおやつにピッタリです。

営業時間 9:00~15:00(シーズンは15:00)
定休日  シーズンにより異なる
入園料  中学生以上830円、4歳以上400円 

8:町営牧場・ぶらっとハウス

大島空港近くに位置する農産物直売所。親子連れには、隣接されている大島牛乳の工場&牧場で生産された新鮮な牛乳を100%使用したアイスクリームがオススメ!地元の採れたて野菜や果物を使ったフレーバーが、常時10種類程度楽しめます。牧場ののどかな風景を眺めながらいただくアイスクリームは、格別の美味しさですよ。

9:夏には遊泳も!伊豆大島のビーチ一覧

f:id:tom-w:20160622113957j:plain

<メメズ浜>


海のふるさと村近くのビーチで、無料で利用できる子供用プールもあるので小さな子供連れでも楽しめます。

<秋の浜>

f:id:tom-w:20160718101426j:plain


シャワー・トイレ・無料駐車場完備の便利なビーチ。無料の子供向けプールもあります。

<日の出浜>


消波ブロックが設置されているので波が穏やか。小さな子供連れでも安心して遊べます。

<野田浜>


砂浜と岩場があるビーチ。岩場では磯遊びやシュノーケリングが楽しめます。

<弘法浜>

f:id:tom-w:20150725181840j:plain


元町港から近く人気のビーチ。シャワー・更衣室・休憩所など設備も充実しており、夏場は無料プールや海の家もオープンします。

<王の浜>

入江に囲まれているので静かで波が穏やかです。岩場が多いので磯遊びに向いています。

<トウシキ>

隠れ家的存在のビーチ。トウシキキャンプ場のすぐ近くにあります。岩に囲まれたプールの様になっているのでシュノーケリングや磯遊びが楽しめます。

<波浮港>

f:id:tom-w:20140820122837j:plain


西岸と漁協前の2か所で遊泳が可能ですが、港なので船舶には十分注意してください。漁協前には飛び込み台があります。

 

10:大島町勤労福祉会館

全国的にも珍しい貝のみの博物館「ぱれ・らめーる」があります。伊豆・小笠原諸島の貝をはじめとした日本・世界各国の貝が4千種、5万点も展示されており見応えは抜群です。

開館時間 9:00~17:00
休館日  毎週水曜日
入館料  大人:400円  小中学生:200円

f:id:tom-w:20160628120238j:plain

また、ボウリング場もあるので、雨の日に行くところがない・・・なんて時に利用してみてはいかがでしょうか?

営業時間 平日:14:00-21:00 土・日・祝:10:00-21:00
料金   1ゲーム300円 レンタルシューズは無料です。

 

伊豆大島のおすすめお土産10選! - 伊豆大島・まっしろなブログ