伊豆大島・まっしろなブログ

伊豆大島に本社をつくり、地域おこしの会社をやっています。ぜひ伊豆大島へ!

伊豆大島に日帰りで行きたい方に!目的別プランを紹介!

東京から2時間でいける伊豆大島

透明度の高い海を泳ぐカラフルな魚たち、南国の花々とコバルトブルーが美しい空。「日本のハワイ」とも呼ばれる伊豆大島は、東京から高速ジェット船で2時間という近さながら、南の島ムード満点の場所なのです。だから、忙しくてまとまった休みが取れない人でも大丈夫!日帰りで、伊豆大島を満喫してみませんか?

フェリーで伊豆大島へ!予約の仕方からお得な割引情報まで紹介!

旅費をリーズナブルに抑えたい方は、行き帰りとも大型客船(行きは船中泊)で、とにかく時間を節約したい方は行き帰りとも高速ジェット船で。お好みの組み合わせでどうぞ。日帰りで効率よく観光をしたい場合はレンタカーかタクシーを利用するといいですよ。

伊豆大島を全力で楽しむならレンタカーが必要!

日帰りで釣りをしたい!

伊豆大島行きの船は、基本的には元町港に入港しますが、当日の天気次第で岡田港への入港となることがあります。どちらの港も島の北部に位置しているため、日帰りで釣りをしたい場合は島の北の方にある釣りポイントがオススメです。

<万立>

大島で釣れる代表的な魚のほとんどが釣れます。

<野田浜・タカトッポ周辺>

駐車場・トイレ完備で快適。青物がよく釣れます。

<野田浜・焼き場>

入りやすく、タカトッポ同様の釣果が期待できます。

<万根岬(オオツクロ)>

島を代表する一級磯。

<泉津・松崎>

魚影が濃く、魚種も豊富なスポットです。

<大沢尻>

数が期待できますが、狭いので大人数はNG。

<市兵衛>

泉津港近くでは人気の釣り場で底物・上物を問わずに結果を期待できます。

<笠松>

比較的入りやすく、かつ実績もある人気の釣り場です。

<コンクリート小屋跡>

元町港から近く入りやすい釣り場です。

日帰りでダイビングがしたい!

f:id:tom-w:20160622113957j:plain

東京からわずか2時間の伊豆大島であれば、日帰りで2ビーチダイブも可能!日帰りでダイビングをしたい場合は、できれば平日がオススメです。特に初心者やブランクのある人は、ダイバーの少ない平日の方が安心して潜ることができますね。ライセンスを取る時間はないけどダイビングをやってみたい・・・なんて人は体験ダイビングもありますよ。

<伊豆大島あとぱぱダイビングサービス>

100-0101 大島町元町字赤禿24-9 

04992-2-4982
体験ダイビングは機材や送迎等全て込みで12,000円!水中撮影サービス(有料)もあるので良い記念になりますね。

<伊豆大島ダイビングショップ シーサウンド>

100-0211 大島町差木地字沖の根1026-15 

04992-4-2622
伊豆大島南部をホームグランドとしているダイビングショップ。体験ダイビングは必要な機材の他、飲み物や飴なども用意されているのが嬉しい!所要時間は3~5時間で11,000円です。

夏は伊豆大島でダイビング!おすすめポイントを紹介!

日帰りだけどゆっくり温泉に浸かりたい

<三原山温泉(大島温泉ホテル)>

f:id:tom-w:20160531182004j:plain


大自然に囲まれた気持ちの良い露天風呂が自慢の温泉宿。露天風呂からは原生林越しに、遮るもののない三原山の姿を眺めることができます。ホテルですが日帰り入浴も可能ですよ。

入浴時間 6:00~9:00 13:00~21:00
入浴料金 大人800円 小人400円(公式HPに割引券あり)

<愛らんどセンター 御神火温泉>

f:id:tom-w:20160615014340j:plain


元町港から徒歩5分と近くて便利な温泉。畳敷きの休憩所やレストランも完備で、のんびり過ごしたい方には最適です。

営業時間 夜行便が到着する日 6:30~21:00(7/26~8/31は5:30~21:00)
夜行便が到着しない日9:00~21:00
利用料金 大人:1000円 小人600円
定休日   第2木・金曜日(2・3・8月は変則)

<浜の湯>

f:id:tom-w:20160629025143j:plain

こちらもまた元町港から徒歩4分という近い場所にある、大島唯一の混浴温泉。家族やカップルで一緒に楽しめるのが嬉しいですね。また、目の前には大海原が広がり絶景を眺めながら入浴できるのも魅力的!水着着用で基本は持参しなくてはいけませんが、レンタルも可能なのでふらりと立ち寄ることもできますよ。男女別の脱衣所やシャワー室完備なので混浴初心者でも入りやすいです。

営業時間 13:00~19:00(7月・8月は11:00~19:00)
利用料金 大人400円 子供240円
定休日  年中無休(天候により休業・時間短縮あり)

伊豆大島の温泉でゆっくりしたい!

日帰りで行きたい定番スポット

<三原山>

f:id:tom-w:20160628113807j:plain

伊豆大島のシンボルとも言える雄大な火山。山頂口から遊歩道を登り、頂上についたら火口をぐるりと1周(お鉢巡り)、大島ホテルに抜けるコースだとだいたい2時間半程度です(休憩時間を除く)。下山後は大島温泉ホテルの三原山温泉で汗を流してリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

三原山はゴジラの起源だった?噴火の危険性は?

<裏砂漠>

f:id:tom-w:20140502150710j:plain

日本唯一の砂漠であり、異国ムード満点の幻想的な風景を見ることができます。「月と砂漠ライン」入り口から裏砂漠展望台までは約10~15分と近いですが、同じような風景が続き迷いやすいので注意が必要です。

<ジオパーク>

f:id:tom-w:20160628114106j:plain

ジオパークとは、地球に関わる様々な自然遺産がある公園のこと。伊豆大島は各所にジオサイト(ジオパークを特色づける見学場所)があり、島そのものがジオパークとして認定されています。ジオサイトは65あるので、興味のある場所を絞って見学するのがオススメです。

<地層断面図>

f:id:tom-w:20140502112417j:plain

島の南西部にあり、伊豆大島の噴火の歴史を物語っている地層です。100層もの美しい地層の断面が数百mに渡り続くさまはまさに圧巻!地元では「バームクーヘン」とも呼ばれています。

<サンセットパームライン>

f:id:tom-w:20160616090531j:plain

元町港から野田浜までの約5kmに渡る海沿いの道。温泉や絶景の夕日スポット、美味しいアイスクリームが食べられる直売所などが点在しているのでレンタサイクルでサイクリングを楽しんでみてはいかがですか?

<波浮>

f:id:tom-w:20140820133021j:plain

明治時代から文化人や貴人などが多く訪れていたスポットであり、川端康成の「伊豆の踊り子」の登場人物である踊り子の少女が暮らしていた場所としても有名です。高台にある見晴台から見下ろす港の風景は情緒たっぷり。おやつに鵜飼商店のコロッケや島京梵天のたい焼きなどを食べるのもいいですね。

『伊豆の踊子』の舞台!伊豆大島の波浮の港を紹介!

日帰りツアーも!

<大島日帰り 【シュノーケルコース】>

大人  10,500円 ~
泳ぎに自信がない人でも気軽に楽しめるシュノーケリング体験です。

<大島日帰り 【体験ダイビングコース】>

大人 18,400円 ~
講習後、インストラクターと一緒に潜るので泳ぎが上手でない人でも安心して参加できる体験ダイビングです。

シュノーケル・ダイビングコースは+1500円でランチを付けることができます。

<大島日帰り 【のんびり海釣りコース】>

大人 6,700円 ~
手ぶらでOK!気軽に海釣りが楽しめるプランです。桟橋からの釣りでありながら、時期次第ではアオリイカやイナダが釣れることも。

<大島日帰り 【三原山トレッキングツアー(ガイド付)】 >

大人 15,900円 ~
ガイドさんと一緒に三原山をトレッキングできるプランです。三原山について色々知りたい人にオススメです。

<大島日帰り 【三原山トレッキングツアー(フリープラン)】>

大人 7,500円 ~
路線バス三原山ラインのフリーきっぷがセットになったプランです。自分のペースでのんびり楽しみたい人にオススメです。

<波浮湾散策!伊豆の踊りっ子ース>

大人 7,000円 ~
三原山山頂口にて昼食後、地層断面図を車窓より見学、波浮港に移動し散策を楽しむプランです。

<あじさい&海鮮爆弾丼コース> 

大人 8,600円 ~
椿花ガーデンやめがね橋、大島公園といったアジサイの名所をめぐるプランです。大島特産品&お土産(1,800円相当)付きでお得ですよ。

伊豆大島はツアーがたくさん!日帰りツアーも紹介!