読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆大島・まっしろなブログ

伊豆大島に本社をつくり、地域おこしの会社をやっています。ぜひ伊豆大島へ!

伊豆大島の観光スポット一覧

伊豆大島 伊豆大島-観光

伊豆大島の観光スポットを紹介!

伊豆大島には豊かな大自然を間近で体感できる素晴らしい観光スポットが盛りだくさん!魅力的な名所の数々を紹介します。

<三原山>

f:id:tom-w:20160628113807j:plain

伊豆大島のシンボルとも言える存在の山で、雄大な姿が見事です。山頂口から内輪山までは舗装された遊歩道が整備されているので、気軽にハイキングを楽しむことができます。山頂では、火口を1周する「お鉢巡り」がオススメですよ。

山道の途中では、このような仮に噴火が起きたとしても、その火山灰や降下物から逃れるためのシェルターも見ることができます。

f:id:tom-w:20140307094242j:plain

 

こちらが噴火口です。荘厳ですね…!

f:id:tom-w:20140307103647j:plain

 

三原山はゴジラの起源だった?噴火の危険性は?

<裏砂漠>

f:id:tom-w:20140502150710j:plain


三原山の噴火による噴出物が堆積してできたこのスポットは、日本で唯一「砂漠」の名の付く場所です。見渡す限り真っ黒な砂漠が延々と続く様は幻想的で圧巻の風景。まるで異世界に来てしまったかのようなトリップ感が味わえます。月と砂漠ラインの駐車場から展望台へは徒歩10分程度で行くことができますが、同じような風景が続き目印もないため、迷わないように十分注意してくださいね。

日本で唯一の砂漠、その名も『裏砂漠』!!

<地層切断面>

f:id:tom-w:20140502112417j:plain


火山噴火によって積み重なった堆積物が見事な地層を織り成しています。その見た目はまるで巨大なバームクーヘン!素晴らしい縞模様は一見の価値ありです。写真撮影をお忘れなく!

<東京都立大島公園 動物園>

f:id:tom-w:20160605153550j:plain


火山島である伊豆大島の地形をそのまま生かして作られた、ダイナミックな景観の動物園。国内最大級の規模を誇るフライングゲージや可愛い動物たちとふれあいができる「なかよし広場」など見どころがたくさんあります。にもかかわらず、入園料無料で楽しめるという素晴らしいスポットなのです。

営業時間:8:30~17:00
定休日:年中無休
料金: 無料

伊豆大島の観光名所「大島公園」を徹底紹介!

<伊豆大島火山博物館>

f:id:tom-w:20160531182417j:plain


世界的にも珍しい、火山専門の博物館。様々な展示物やシュミレータカプセルなどで、楽しみながら火山について学ぶことができます。また、映像ホールで見ることができる映画は大島の自然と人々の生活を紹介しており、迫力ある映像を楽しめますよ。

営業時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日: 年中無休(保守点検の為、年10日間の臨時休館日有り)
料金: 大人:500円  小中学生:250円

<波浮港見晴台>

f:id:tom-w:20140820133021j:plain
伊豆大島の南部に位置する波浮港。その高台にある「波浮港見晴台」は、美しい円形の入江や情緒ある町並みを一望することができる絶景スポットです。都はるみのヒット曲『アンコ椿は恋の花』の歌碑やお土産物屋の他、ベンチもあるので美しい景色を眺めながらのんびりするのにピッタリのスポットです。

『伊豆の踊子』の舞台!伊豆大島の波浮の港を紹介!

<町営牧場・ぶらっとハウス>


大島空港のすぐ近くにある直売所で、大島産の新鮮な野菜や切り花を買うことができます。また、牧場に隣接しているので新鮮な大島牛乳や生乳を100%使用した大島バターなども人気です。

<椿花ガーデン>

f:id:tom-w:20150503172846j:plain


椿・アジサイをメインに四季折々の花景色が素敵なスポットです。特に「椿花ガーデン」の名からもわかるようにつばき園は見応えあり!日本一早く咲くと言われている「早咲き椿」があり、様々な種類の椿が次々と咲くのでほぼ1年中椿の花を楽しむことができます。また、可愛いウサギとのふれあいが楽しめるのも魅力的。限定の牛乳煎餅やリスまんじゅうはおみやげにピッタリですよ。

営業時間:9:00~16:30
定休日: 不定休
料金: 大人(中学生以上)830円 子供(4才以上)400円

<筆島>

f:id:tom-w:20140502155857j:plain

高さ30mほどの岩礁で、その名の通りまるで筆のようなユニークな形をしています。写真撮影必須のスポットだと言えるでしょう。筆島近くにある筆島海岸は、「東京の史蹟名勝」「日本の渚百選」に指定されており、景勝地として知られています。

<ぱら・らめーる>

f:id:tom-w:20160713212024j:plain

貝だけを展示している、全国的にも珍しい博物館です。初代館長の草刈正氏が収集していたコレクションを中心に、4000種・50000点もの美しい貝が展示されていて見応えはバツグン!貝以外にも化石やお面なども展示されています。他に、小中学生向けに貝採取や標本作りの体験などもやっているのでファミリーにもオススメのスポットですよ。

営業時間:9:00~17:00
料金:一般大人400円 小中学生200円

<ふるさと体験館>

f:id:tom-w:20160713212153j:plain

大島の自然体験や文化体験が出来るスポットです。椿油絞りや椿や明日葉を使った草木染め、明日葉摘み取りに郷土芸能御神火太鼓、陶芸(椿の花焼きの手ひねり)など実に様々な体験が楽しめます。椿油や草木染めで染めたものは持ち帰ることができるので、良いお土産にもなりそうですね。

営業時間:10:00~16:30
定休日:火曜日

<桜株>

f:id:tom-w:20160713212359j:plain

島内のオオシマザクラの中では最古最大の樹で、樹齢は800年を超えているという桜の大木。主幹は折れてしまい幹の基部だけが残り、そこから伸びた枝先が地についた場所から根を張っているという一風変わった姿形をしています。老木であるがゆえたくさんの花は咲きませんが、その様子がまた神秘的で風情を感じられる、そんな桜なのです。

大島桜を徹底紹介! 実は食品にも使われている!?

<大島町 郷土資料館>

f:id:tom-w:20110504124204j:plain

大島の貴重な文化を後世に残したい!という思いで作られた資料館。約300点の展示物を見ることができます。また、資料館の周囲には古民家があり、往時の暮らしぶりが再現されているのでタイムスリップをしたかのような感覚を味わうことができますよ。

営業時間: 9:00~16:30
定休日: 年中無休
料金: 大人200円 小人100円

<御神火温泉>

f:id:tom-w:20160615014340j:plain

元町港から徒歩約5分の場所にある温浴施設。露天風呂はありませんが、浴場の大きな窓からは海が一望できるので開放感たっぷりです。打たせ湯やジャグジーなどの他、温水プールもあり水着のレンタルもやってます。また、レストランや休憩所も完備なので入浴後ものんびりとくつろぐことができます。

営業時間:夜行便が到着する日/6:30~21:00(7/26~8/31は5:30~21:00) 夜行便が到着しない日/9:00~21:00
定休日:第2木・金曜日(2・3・8月は変則)
料金:大人:700円  小人(小中学生):300円

<浜の湯>

f:id:tom-w:20160629025143j:plain

伊豆大島で唯一の混浴露天風呂。海沿いにあり、遮るもののない大海原を間近に眺めながら入浴することができるので、開放感たっぷりで気持ちが良い温泉です。特に、日没間際に夕日が海と空を茜色に染め上げる時間帯の美しさは格別ですよ。内湯はありませんが、更衣室にシャワーがあって入浴前や湯上がりに浴びることができます。混浴なので水着着用必須ですが、無料レンタル水着があるのでふらりと立ち寄っても大丈夫です。

営業時間:13:00~19:00
定休日:年中無休
(天候により休業・時間短縮があります)
料金:大人:300円  小人(小中学生):150円

 

伊豆大島の温泉でゆっくりしたい!